東進MSGについての情報と評判、また各校舎の紹介を掲載しています。

東進MSGの評判を徹底的に紹介します!

東進MSGは、近年注目度が高まっている東進衛星予備校になります。
株式会社アイトップが運営しており、予備校は神奈川県と愛知県に校舎がいくつもあります。
2つの県にのみ進出している形ですが、神奈川県には30校、そして愛知県に12校設置されているので、この地域に住んでいる生徒であれば非常に通いやすく、地元の方々には揺るがない評判があるようです。

 

東進MSGは大学受験で合格を目指す生徒のために運営されている予備校で、それに特化した様々な制度などを設けているのが特徴でしょう。
一般的なレベルの大学を目指す生徒はもちろんのこと、「難関国私大専門コース」もあるので、自分のレベルに応じた勉強ができますし、これによって合格に一気に近づくことができます。
その他にも、「東大・医学部コース」も設置されていて、名前の通り東京大学や各大学の医学部入学を目指す生徒に特化したコースとなっています。
とても魅力的なコース設定が為されていますが、すべての予備校に設けられているわけではなく、「難関国私大専門コース」は横浜駅きた東口校、「東大・医学部コース」は神奈川県3校、愛知県2校となっています。
これらの大学を志望している生徒にとってはかなり魅力的なコースだと言えます。自分の希望にあったコースを選択できる点が、生徒のポジティブな評判の土台となっています。

 

また東進MSGではスモールステップ・パーフェクトマスターという制度を取り入れており、これによって着実に自分の学習レベルを向上させていくことができますし、学んだことをしっかりとマスターしながら次に進めます。
そして個別担任制度を導入しているので、安心して勉学に励むことができるでしょう。
定期的に行われる合格個人指導面談もあるので、通う生徒もその保護者にとっても大きなメリットだといえます。安心して、自分の子供の学力アップを任せられる点が保護者の方々の評判に繋がっているのでしょう。

 

カリキュラム・時間割制度が充実していて柔軟性に富んだ設定ができることも特徴で、非常に使い勝手も良く、満足度が高い予備校です。それに講師陣も実力者ぞろいで、テレビで見かける講師も少なくありません。

自分が志望している大学入学を目指す生徒のための予備校は日本各地にいろいろとありますが、東進MSGはその中でも高いレベルにあります。
今までに数多くの実績を残していますので、自分の夢を叶えるための場所としてもピッタリではないでしょうか。
東進の予備校は他の予備校と比べて圧倒的な認知度と実績を誇っており、地域の評判を得ている点には予備校の取り組みとして、それ相応の理由があるからのようです。
東進MSGに入学することで、より良い講座が受けられる点はもちろん、勉強に対するモチベーションも維持できるのでおすすめです。

 

東進MSGの評判をまとめた!

分からない箇所は分かるまで勉強できる

入学すると過酷な下克上の世界が待っているのかと思ったら、カウンセリングでは得意な科目や部活動などについて質問されて、学校の先生のような印象を受け少しホッとしました。
一人一人に合った勉強方法を学べたのが良かったです。それに、わざわざ通わなくてもできる確認テストなどは、ネット環境があれば自宅で受講できるので、塾を往復する時間を有効に使うことができました。

それに、分からなかった箇所はそのままにしないで何度も確認テストを受けることができますし、どうしても分からない場合は、電話やFAXなどで直接質問することもできました。
また、無料アプリで通学中などに英単語や文法を勉強することができるのですが、入試に出てくる単語や文法を効率よく勉強できました。

大手の予備校と個別の塾の両方の良さを兼ね備えた予備校です。受験に関してのハウツーも大手予備校のデータがあるので一流でしっかりしています。
受験情報も最新で充実しています。それから、授業に関しては、プログラム数が多いので必要な部分だけを受ける事が出来るのが魅力です。そして、何と言っても一番良かったのは担任制度です。

特に私の場合は、熱心な担任だった事もあり、勉強で分からない事から勉強の方法、受験校の選び方などまで丁寧に相談にのってくれました。
そのおかげで、自分に合った勉強法や受験校を選択する事ができたと感じています。受験校も最初よりワンランクアップさせる事が出来ました。
大手の強みと個人の強みの両方を持っている受験生には安心出来る予備校です。

人それぞれ予備校に抱いているイメージがあると思います。
東進MSGは素晴らしい画期的な予備校です。

なんだか、難しそう、なんだか、たいへんそう、なんだか、料金が高そう、などなど。
東進MSGは、私が抱いているそれらのイメージを打ち破ってくれました。

どんな風に?それを知るのは体験学習に参加するのが最良だと思います。

東進MSGは、ほかには無い、きめ細かなカリキュラムが準備されています。
これらの一部を体験したり、講師陣の顔を知ることが出来るのです。

予備校には、いろいろな特色がありますが、東進MSGは、とにかく、優しく、穏やかで、勉強しやすい環境なんです。
入塾したうちの子が、みるみるうちに、東進MSGで、成績が、アップしていきました。

これは、集中して、東進MSGで勉強出来たから、なんですよ。
また講師の方々の子供への配慮も感じました。子供一人一人が自分の力を発揮できる環境づくりをする姿勢が見られました。

東進MSGでは、その子、その子に合った、勉強方法で、どんどんやる気を引き出せるんですね。

東進MSGの合格実績は抜群です。

詳しい実績を調べてみると、2017年度の東京大学合格者数は現役生だけで合計753名を誇っており、これは現在の東大生の2.8人に1人が東進生という計算のようです。

中でも理科Ⅲ類の合格者に関しては東進生現役占有率が68.4%に達するなど驚異的な割合となっています。

自分の子供の成長を考えると、信頼できる場所で成長させたいものです。

旧7帝大に東京工業大、一橋大、東京医科歯科大を加えた合計10校を合計した現役合格者数は前年度比で+225名となる3,243名に達し、2015年度から右肩上がりを続けているため、安心して子供の学習を任せられます。

受験で心強い味方になる東進MSGの担任制

東進と言えば、先生方がとても魅力です。
そこに魅かれて決めたのですが、もう1つ、良かった事があります。

それは、担任制というシステムです。1人に対して担任がつくのですが、
自分の弱い所を強化してくれるアドバイス、
そして受験相談など学校とは違うプロの観点からのアドバイスをもらえるのです。

私は英語が弱かったのですが、弱点をカバー出来る授業のとり方を教えてもらい、
英語の偏差値はかなり上がりました。恐らく、自分だけではこんなに成績を上げる事は出来なかったと思います。

担任制はすごく受験生には心強い味方になります。

チューターさんに感謝

東進では、一人一人にチューターの方がついてくれます。チューターの方は志望校に在席する現役の大学生の方です。
丁寧に添削や、アドバイスをしていただけるのはもちろんのこと、実際に志望校の学生さんなので、
雑談の中で受験生時代の経験や勉強法、また入学してからの授業の話や、
サークルや部活といった学生生活の話などが聞かせてもらえるので、大学生になる受験勉強のモチベーションも上がりました。
志望校に合格できたのは、チューターの方のおかげです。ありがとうございました。

ハード面もソフト面もしっかりとサポート

東進MSGの過去問演習はとてもおすすめです。
添削もしてくれるので、なぜ間違えたのかなどしっかりと理解ができ、繰り返す事で自分のものに出来ます。
入試問題は毎年似たような傾向の問題が出るので、過去問演習に助けられたようなものです。
また、模試などの結果を元にチューターのアドバイスも細やかで参考になります。

時間の使い方やちょっとした受験の悩みも聞いてもらいました。
大手の東進の良さと細やかな個人塾的な両面で受験をサポートしてくれます。

映像授業でも大丈夫でした

予備校と聞くと、やはり講師が教壇に立って目の前で授業を行う形をイメージしていたので、映像授業でも大丈夫かなという不安はありましたが、
実際に授業を受けてみると、講師の方々は丁寧でわかりやすく、非常にスムーズに理解が進みました。

授業内容は非常に整理されていて、まとまっていたので、そういった点が内容理解がスムーズにいった理由の一つだと思います。

また、聞き逃しがないということも映像授業の強みだと思いました。

普段の授業なら講師が説明した部分を聞き逃してしまうと、授業後に質問に行くか、そのままになってしまいがちですが、映像ならそれがないので良いと思いました。

予備校に通っていて一番大切なこととは

私の予備校に通った体験談を紹介するので是非、参考にしてくださいね。
予備校では現役時代に使っていた問題集と自分のレベルより少し難しい問題集と志望校よりも少しレベルの高い過去問を使って勉強をしていました。
私はたくさんの問題集があるとごちゃごちゃになってしまうので、たくさんの種類の問題集をしませんでした。

それよりも分からないところやつまずいたところを何度も復習して勉強をしました。
そして、分からないところは予備校の先生に聞いてしっかりと勉強をしていました。私が通っていた予備校は大手の予備校でたくさんの生徒がいました。
それぞれ合う合わないがあると思いますが、私は少人数制のところよりも大手でみんなで勉強をした方が向いていました。

予備校に通ったときに一番大変だったのがモチベーションの維持です。毎日勉強ばかりなので、ときにくじけそうになることもたくさんあります。
ですが、頑張れたのはたくさんの人がいて励ましあう事ができたからだと思います。
まわりのみんなが頑張っていたから自分のモチベーションも保つ事が出来ました。

私が通っていた予備校は先生がとても熱心だったので模擬試験が上手く行かなかったら相談に乗ってくれたり、自分が出来なかったところを徹底的に教えてくれました。

そのおかげか予備校はとても大切な思い出ですし、そのおかげで無事に大学に受かる事が出来ました。

予備校に通った体験談と思い出について

予備校の体験談を紹介します。私は希望していた大学に落ちてしまい、もう一度チャレンジしようと予備校に通いました。
最初は予備校はどんなところかドキドキしたのですがやはり、みんな真剣に勉強している人たちばかりなので、高校とは違う雰囲気の中、勉強をしていました。
また、私は自分の限界まで勉強をしてそれでも希望大学に落ちてしまったので、これ以上学力が上がるのか本当に不安でした。

ですが、絶対に学力を上げるという強い信念で予備校に行けたのが頑張れた秘訣だと思います。
本当になかなか思うようにいかずに辛い事もたくさんありました。ですが、先生のサポートや自分も勉強だけに集中できたのもあり、徐々に学力が上がりました。
さらに予備校には自分と同じように浪人して勉強を頑張っている生徒がたくさんいます。

その人たちと一緒に頑張れたからここまでこれたという事もあります。
みんなで頑張る事が出来なかったらきっと今ここにはいないのではないかと思います。
大学受験はとてもメンタルが必要です。模擬試験を受けても上手く行かない事もたくさんあります。
そして、私が行った予備校の先生はとても熱心でレベルが高いので、安心して授業を受けることができました。

自分自身はもちろんのこと、予備校の先生、そして同じ予備校の仲間がいたから無事に合格する事が出来ました。

最新記事

  • 自分のスタイルとペースに合わせて、あの人気講師の授業が受けられるー東進MSG

    現役の大学受験生にとっても、予備校で受験対策の講義を受けることが、難関大学・志望大学への最短合格ルートであるという認識が広がっています。 特に東進ハイスクールは、古くから現役高校生を中心とした予備校として、長年実績を積み …

    続きを読む...

  • 東進のタブレット学習について

    現在はスマートフォンやタブレットなどの小型端末が普及しています。 すでに使っている東進MSGに在籍している方や、家庭に何台かお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 タブレットなどはいつでも気軽に使える上、持ち運べ …

    続きを読む...

  • 早稲田アカデミーの口コミ評判はどうか?強みや特徴とは

    少子化で子供相手の商売が弱まってる中、早稲田アカデミーは子供相手の業界の中でもトップクラスに位置されてます。早稲田アカデミーというのは小学一年生から高校三年生までの学習塾です。どの学年も基礎をしっかり固め、普段の学校授業 …

    続きを読む...

  • 家庭教師のトライの口コミ評判はどうか?強みや特徴とは

    家庭教師というビジネススタイルそのものはそれほど珍しいものではありません。しかしその中でも家庭教師のトライだけがその認知度を高め、知らない人はいないくらいの実績を積み重ねています。なぜこのように家庭教師のトライだけが高い …

    続きを読む...