自分のスタイルとペースに合わせて、あの人気講師の授業が受けられるー東進MSG

現役の大学受験生にとっても、予備校で受験対策の講義を受けることが、難関大学・志望大学への最短合格ルートであるという認識が広がっています。
特に東進ハイスクールは、古くから現役高校生を中心とした予備校として、長年実績を積み重ねてきました。

当然、その東進の実績は、一流の人気講師により築かれています。

ただ、そのような講師は、概ね東京の東進ハイスクール本校舎で授業をしていることが多く、地方の受験生にとっては、以前は縁のない場合が多かったのも事実でしょう。

そんな地方と東京の受験生の格差を無くすことに成功したのが、東進衛星予備校であり、その中の株式会社アイトップが運営する東進MSGです。

東進ハイスクールの人気講師の講義が配信されることで、自分の居住地域の校舎で、彼らの講義を受けることが出来るのです。東進MSGは神奈川県と愛知県に校舎があり、その地域にお住まいの受験生なら見逃せません。

そして、配信授業ならではのメリットが幾つかあります。

まず挙げられるのは、生徒のレベルや目標に合わせた講義を、何時からでも好きなだけ受講出来るという点です。時間に余裕があると共に、理解が進んでいれば、ドンドン先に進むことも出来ます。

逆に理解が進んでいなければ、何度も同じ講義を受講出来ます。得意な科目・分野や苦手な科目・分野によって、受講の進み方を変えることが出来るのです。

また、自分で「出来た」と思っても、実際にはよくわかっていなかったという事態を避けるため、受講後に逐一「確認テスト」が行われます。ここで理解度をしっかり確認出来るのです。
そして、全ての範囲を学習し終えれば、「講座修了判定テスト」が待っています。ここで合格するまで、弱点箇所の復習を行いますので、最終的にしっかりと身に付きます。

また、受講した後でテストを受けて合格しても、帰宅してから、気になった箇所やわからなくなった箇所が出て来る場合もあり得ます。
このような場合については、バックアップサービスと言う質問方法が用意されています。電話・FAX・ハガキを利用して行います。スタッフがしっかりと回答してくれますので、全く不安はありません。

更に、配信講義ならではの自宅学習も可能です。校舎が開いていない時間帯や、様々な理由で校舎まで来られない場合にも、東進のt-PODにより、自宅で受講出来ます。
その上、「確認テスト」や「講座修了判定テスト」まで受けられるので、完全に校舎で受講するのと同じ効果を得られます。

ただ、t-PODは各自でパソコンや通信環境の設定が必要となり、一部の環境下では動作保証がありませんので、その点は注意してください。

以上見てきた様に、地方に居ても、全く東京の東進ハイスクール本校で受講しているのと同じどころか、より自分に合ったペースで学習出来ますので、効率はむしろ良いと言えます。
自分の目標を達成するために、東進MSGを利用することが、志望大学への最も効率の良い方法と言えそうです。